他の探偵事務所で断られた浮気調査を引き受けてくれる業者はありますか?

他の探偵事務所で断られた浮気調査を引き受けてくれる業者はありますか? 浮気調査Q&A

断られた理由によります。

・公序良俗に反する依頼、探偵業法やその他法律に違反する依頼
・その探偵事務所が対応していない依頼

探偵事務所に断られる主な理由は、上記の2つです。

法的に問題がある依頼

1つ目の公序良俗に反する又は法律に違反する依頼は、きちんと探偵業を営んでいる業者ならどこも断ります。例えば、浮気相手の宗教、思想、信条などの情報を探偵に掴んでもらい、それをパートナーに教えて縁切りさせたい。宗教的な話は社会的差別に繋がるため、一歩間違えれば公序良俗に反する行為となります。

また浮気相手の自宅に無断で侵入し、盗聴器や盗撮機器を探偵に設置させる。電話番号から個人を特定したり、(あなたの所有物ではない)自動車にGPSを仕掛ける行為なども法的に問題があります。復讐代行や縁切り工作なども探偵業法では認められていないため、きちんと探偵業を営んでいる業者ならもれなく断るでしょう。

繰り返し「きちんと~」という言葉を使っていますが、探偵業社の中にはグレーな行為を引き受けてくれるところもあるのです。例えば、違法行為にならない範囲で浮気相手の犯罪歴を調べたり、縁切り工作をしてくれるなどです。

ただし、このような法的に問題がある案件は、依頼者にも責任が生じるかもしれません。探偵がやったことだからという言い訳は通用しませんので、できれば違う方法や解決策を考えるべきです。

対応できない依頼

たまたま相談に行った探偵事務所が、その希望条件に対応できるサービスを提供していなかった場合です。これは探偵事務所側の都合となりますので、対応している探偵事務所を見つけられれば引き受けてもらえます。

よくあるケースは以下の通りです。

・申し込み当日から浮気調査を始めてほしい
・海外出張や旅行を尾行してほしい
・ターゲットの行動時間が深夜や早朝
・支払えるお金が極端に少ない

即日調査については、大手探偵業社でも受け付けていないところがあります。理由は、打ち合わせが不十分だと調査失敗リスクが高まり、探偵事務所にとってはデメリットとなるからです。問い合わせ(無料相談)をすれば、即日調査の可否はすぐに分かります。

そして、海外調査と深夜・早朝調査は、探偵事務所の規模が小さいほど断られがちです。海外調査では、現地に慣れている調査員が出向する必要があり、通訳や宿泊施設も確保しなければいけません。また海外では日本と文化が異なるため、予期せぬトラブルも起こります。

その結果、面倒くさい(本音)という理由で海外調査は断られます。深夜・早朝調査については、単純に人手不足です。つまり、海外にも営業所を構えている、多くの人材を抱えている大手探偵事務所に依頼すれば、問題なく引き受けてもらえるでしょう。

最後の支払い能力ですが、浮気調査は1日あたり1万円~5万円、諸経費なども含めると調査終了後に最低10万円以上の金額を請求されます。当然、浮気調査が難航すれば最終的に50万円以上の料金が発生することも珍しくないため、極端に支払い能力が低いと探偵事務所も拒否せざるを得ません。

金銭的な問題は、料金プランが豊富な探偵事務所を見つけるだけでなく、依頼者側でも料金節約に繋がる方法を実践すべきです。業者によっては、支払える金額ぶんまで浮気調査を行ってくれるプランを用意しています。

タイトルとURLをコピーしました