探偵の浮気調査は先払いが良い?後払いとの違いや注意点

探偵の浮気調査は先払いが良い?後払いとの違いや注意点 浮気調査Q&A

浮気調査に申し込むと、いきなり探偵事務所から料金を請求されるかもしれません。調査すら始まっていないのにお金?と思うはずです。逆に、浮気調査が終わるまで料金を一切請求してこない探偵事務所もあります。これはこれで不安になるでしょう。

どうして支払うタイミングが早かったり遅かったりするのか、それは探偵事務所ごとで採用している料金制度が違うからです。主に「先払い」「一部先払い」「後払い」の3種類となります。

ただし、支払うタイミングはあまり重要ではありません先払いが良い・後払いは悪いとよく言われていますが、なぜ重要ではないのか?契約後の支払いで困らないためにも、3つの料金制度の特徴、注意点と一緒にご説明します!

料金制度(お金を支払うタイミング)の特徴

・先払い
契約時に見積もり金額全額を支払い、その支払い確認後から浮気調査がスタートします。

・着手金のみ先払い、その他料金は後払い
浮気調査に取り組んでもらう名目で着手金(2万円~5万円)を支払い、調査終了後に諸々の費用を請求されます。着手金を「基本料金」と呼ぶところもあります。

・後払い
調査終了後に諸々の費用を全額請求されます。成功報酬プランで採用されがちです。

先払いの注意点

先払いの流れは「契約→支払い→調査開始」となるため、まとまったお金を契約時に用意しておく必要があります。請求金額が予想よりも高ければ、調査費用が安い又は後払いの探偵事務所を新たに探さなくてはいけません。

また、浮気調査の失敗や依頼者都合によるキャンセル時、探偵事務所側が返金を拒む可能性があります。業者選びを適当に行うと、詐欺業者にお金を持ち逃げされるリスクも生じます。その結果、厄介な金銭トラブルに発展するでしょう。

後払い(一部先払いを含む)の注意点

後払いの流れは「契約→調査終了→支払い」です。契約段階で見積書は作成・配布されますが、最終的にどれくらいの料金を請求されるか調査終了後まで分かりません。その仕組みを利用してわざと調査期間を長引かせ、無駄なお金を請求する悪徳業者もいます。

後払いは成功報酬プランで採用されがちと言いました。ターゲットと浮気相手がラブホテルに入っていく様子、路上でキスする様子などを撮影できれば、調査費用(成功報酬)を支払うプランとなります。つまり、一般的には証拠を掴めたら成功なります。

ところが、ターゲットが浮気をしていなければ証拠を掴むことは不可能です。そこで、探偵事務所によっては証拠が掴めなくても調査内容に問題が無ければ成功と判断し、料金を請求してくる場合もあるのです。

基準が明確でないと騙された気分になるでしょうし、一切調査を行わずにこうした言い訳をする探偵事務所も存在します。

支払うタイミングではなく、評判と追加費用の有無で業者を決めよう

先払い・後払いのどちらにも注意点があるため、まずは評判の高い探偵事務所を見つけることから始めてください。利用者数が多ければ、持ち逃げや無駄なお金の請求、成功基準で悩まされる心配もありません。

気になる探偵事務所が見つかったら、次に追加費用の有無を確認しましょう。先払い・後払いを問わず、追加費用なしの探偵事務所に申し込めば見積もり金額以上の料金は請求されません。これで予想外の高額請求も回避できます。

つまり、先払いが良いと言われていても「評判が悪い」「追加費用あり」の探偵事務所に申し込めば騙される可能性は高いのです。全員が先払いできるだけのお金を用意できるわけではないので、後払いでも「評判が高い」「追加費用なし」の探偵事務所に依頼するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました