浮気調査は先払い・後払いどちらがお得?料金制度の特徴、メリットとデメリット、依頼するなら追加費用なしの大手探偵事務所で決まり!

探偵の浮気調査は先払いが良い?後払いとの違いや注意点 契約作業Q&A

探偵事務所と契約を結んだら、いきなり料金を請求されるかもしれません。逆に、浮気調査が終わるまで一切料金を請求してこない探偵事務所もあります。

どうして支払うタイミングが早かったり遅かったりするのか。理由は、探偵事務所ごとで採用している料金制度が違うからです。主に「先払い」「一部先払い」「後払い」の3種類となります。

それでは、どのような料金制度の探偵事務所を選べば良いのでしょうか?

先払い、一部先払い、後払いの特徴

先払い、一部先払い、後払いの特徴

料金制度ごとで、お金を支払うタイミングは以下のように変わります。

先払い(契約→支払い→調査開始)

契約時に見積もり金額全額を支払い、その支払い確認後から浮気調査がスタートします。探偵事務所の規模を問わず、採用されている件数が多いです。

着手金のみ先払い、その他料金は後払い

浮気調査に取り組んでもらう名目で着手金(基本料金)を支払い、調査終了後に人件費や諸経費などを請求されます。着手金の相場は「2万円~5万円」です。調査終了後の支払い金額が大きくなるため、今回は後払いと一緒に説明していきます。

後払い(契約→調査終了→支払い)

調査終了後に諸々の費用を全額請求されます。成功報酬プランで採用されがちです。

先払いのメリットとデメリット

先払いのメリットとデメリット

メリット①は、支払う上限金額が決まっている点です。基本的に見積もり金額を請求されるため、対面相談などで「A社50万円・B社70万円・C社35万円」と掲示されれば、手持ち金額と相談しながら依頼先を決めることが出来ます。また、「追加費用なし」と謳っている探偵事務所なら、見積もり金額以上の料金は1円すら発生しません。

メリット②は、料金節約や払戻し金に期待できる点です。請求金額が50万円であれば、探偵はその金額を超えないよう効率的に浮気調査を行おうとします。後払い制だったら、わざと調査期間を延長して虚偽請求をすることも出来てしまうのです。そして、予定よりも早く浮気調査が終われば、一部料金を払い戻してくれる探偵事務所もあります。結果、調査料金が安く済んだというケースも考えられるわけです。

デメリット①は、まとまったお金が必要となる点です。浮気調査は決して安いサービスではありません。探偵を雇ったことがない人からすれば、証拠が集まるのか分からないサービスに数十万円を支払うわけです。もしも、請求金額が予想よりも高ければ、新たに依頼先を探さなくてはいけません。

あなたの提供できる情報が極端に少ない、又は海外旅行を狙った難易度の高い浮気調査などでは、請求金額が100万円を超えることもあります。結果が分からないのに、いきなり高額費用を支払えるでしょうか。

デメリット②は、調査失敗時の返金拒否や持ち逃げリスクがある点です。契約時に探偵事務所からは重要書類を手渡されます。その中で、「浮気調査が失敗しても支払い金額は返しません」「依頼者都合で途中解約すれば返金しません」と書かれていたら、理由を問わずお金は戻ってこないのです。また浮気調査が始まる前に全額支払っているため、探偵事務所が持ち逃げをすれば泣き寝入りするしかありません。要は、どちらの場合も悪徳業者に騙されるリスクが考えられます。

後払いのメリットとデメリット

後払いのメリットとデメリット

メリット①は、成功報酬プランで採用されがちな点です。成功報酬プランとは、浮気の証拠を押さえたら調査料金が発生する仕組みのことです。失敗しても着手金だけは支払わされる、失敗したら調査料金0円など、ルールは探偵事務所によって違います。依頼者からすると、無駄なお金を支払わずに済むのです。また、結果が出せないと探偵は成功報酬を受け取れないため、先払いよりも真面目に浮気調査に取り組むでしょう。

メリット②は、持ち逃げリスクがなく途中解約しやすい点です。支払いは調査終了後なので、当然、持ち逃げされる心配がありません。そして、浮気調査が始まってから環境が変化するかもしれません。例えば、調査料金が支払えなくなるようなトラブルが起こった、パートナーから浮気の事実を告げられ調査の必要がなくなったなど。この場合、探偵が稼働したぶんだけを支払えば解約も可能です。先払いよりも解約手数料は安いことが多いため、最低負担で途中解約が行えるかもしれません。

デメリット①は、支払う金額の目安が分かりにくい点です。先払いは見積書作成の段階で支払う金額が分かります。しかし、後払いは浮気調査が終わるまで正確な費用が分からないのです。探偵事務所から事前に50万円くらいでしょうと言われていても、結果、70万円になるかもしれません。支払える金額が決まっている人にとっては、数十万円の変動は予想外の痛手です。

デメリット②は、調査を引き伸ばし続ける可能性がある点です。後払いの場合、調査期間が長引くほど料金は増えていきます。悪徳業者の立場で考えると、早々に証拠を押さえてもその事実を依頼者に伝えなければ、調査期間は延長されるので高額請求が可能となります。つまり、わざと調査を引き伸ばし続けることも考えられるわけです。調査料金20万円と言われて安いと思いながら支払っても、本当は調査初日の3万円で証拠集めは終わっていた・・・。こうした事実を依頼者側では確かめられないため、無駄なお金を支払わされるかもしれません。

結局、先払いと後払いはどちらが良いの?

各々のメリットとデメリットをまとめると・・・

先払いは、事前に支払い金額が分かり、状況次第で節約につながる。しかし、まとまったお金が必要で、返金トラブルや持ち逃げリスクを考えなければいけない。

後払いは、成功報酬プランなら調査失敗時に料金は0円となり、お金を持ち逃げされるリスクがない。しかし、事前に支払い金額を把握することができず、高額請求のために調査期間を延長させられることもある。

つまり、先払い(後払い)が必ずしも良いとは言い切れないです。どちらにもデメリットがありますからね。そこで、デメリットを解消してくれる探偵事務所を探していきましょう。

先払い・後払いよりも「追加費用なしの大手探偵事務所」を探そう!

先払い・後払いよりも「追加費用なしの大手探偵事務所」を探そう!

総合探偵社MR(先払い)や原一探偵事務所(先払い)、HAL探偵社(後払い)などが、業界最大手と言われています。どうして大手探偵事務所に浮気調査を依頼すべきなのか。それは大手探偵事務所というだけで、先払い・後払いの一部デメリットを解消できるからです。追加費用なしなら金銭的不安も解消できるため、先払いか後払いかよりも「追加費用なしの大手探偵事務所」に頼ることをおすすめします。

分割払いや各種クレジットカード払いに対応

先払いデメリット①「まとまったお金が必要」の問題点は、契約時に現金一括払いするためのお金を用意しなければいけないことです。しかし、大手探偵事務所なら依頼者の都合に合わせて支払方法を選択できます。分割払いやクレジットカード払いを利用すれば、支払い日までの猶予が作れます。ボーナスや臨時収入があった時に、残額を支払うこともできるでしょう。

お使いのクレジットカードによってはポイントが付きますし、大手探偵事務所の中にはローンを組めたり、不足金額を商品券で支払えるところもあります。

大手探偵事務所の実績と成功率、知名度

先払いデメリット②「返金拒否や持ち逃げリスク」や後払いデメリット②「調査の引き伸ばし」は、悪徳業者に騙されると起こるトラブルです。総合探偵社MRは年間15,000件以上の調査実績があり、原一探偵事務所は110,000件を超える解決実績があります。そして、HAL探偵社の調査成功率は97.6%とかなり高いです。

このような探偵事務所が、わざわざ悪徳業者と同じ詐欺行為をするでしょうか?依頼者数が多ければ苦情を受ける件数も増えるので、あまりにも苦情が多ければ公安委員会や行政から処分されるはずです。しかし、長年トップを走り続けているわけですから、前述したトラブルに巻き込まれる、悩まされる心配はないと言えるでしょう。

「追加費用なし」による明朗会計

後払いデメリット①「支払い金額が分かりにくい」という問題点は、後払いの性質上、浮気調査が終わってから料金計算をするために起こります。そのため、支払い金額に不安を抱えている人は、先払いの探偵事務所に申し込みがちです。

さて、探偵事務所の料金体系には「追加費用あり」「追加費用なし」の2つがあります。ターゲットが予想外の動きをしたため、見積書には記入できなかった料金を後日請求される追加費用あり。浮気調査の内容を問わず、見積書通りの金額を請求される追加費用なし。追加費用ありは後払い、追加費用なしは先払いで採用されていることが多いです。

しかし、大手探偵事務所の中には「後払いでも追加費用なし」のところがあります。例えば、前述したHAL探偵社(後払い)がそうです。原一探偵事務所(先払い)も初めての利用でなければ、後払いが可能です。つまり、見積書を作成してもらったら、最終的にいくら支払えば良いのかが事前に分かります。後払い&追加費用なしは、実績が無いと提供が難しいでしょう。だからこそ、大手探偵事務所の方が安心なのです。

まとめ

採用している探偵事務所も多いため、一般的には「先払いが良い」と言われています。しかし、評判が悪い追加費用ありの探偵事務所に申し込めば、ご紹介した先払いのデメリットで悩むかもしれません。

先払いか後払いかは重要な話となりますが、トラブルに巻き込まれたくない、金銭的負担を減らしたいなら「追加費用なしの大手探偵事務所」を選ぶべきです。その上で、先払いか後払いかを決めてみてはどうでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました