浮気調査の対面相談では何をする?総合探偵社MRの相談室動画、デメリットと注意点

浮気調査(探偵)の対面相談では何をする?危険性と注意点 契約作業Q&A

電話やメールでの無料相談後、もっと詳しい話が聞きたいと思ったら対面相談に申し込みます。相談員と直接向かい合って話をするため、無料相談では教えてもらえないような内容、そこでしか見られない映像や資料が多く出てきます。

しかし、対面相談は主に探偵事務所の相談室で行われます。探偵業界に不信感を抱いていたり、初めて探偵事務所を訪れる人にとっては躊躇してしまう点のはずです。

そこで、対面相談では具体的に何をするのか、対面相談に行っても危なくないのかをご説明します。参考までに注意点も載せておきますので、該当する場合は気を付けてください。

対面相談では具体的に何をするのか?

対面相談の時間は、約1~2時間です。その中で以下のような話し合いをします。

もちろん、浮気というプライベートな問題のため、相談中に「不快な思いをした」「興味が失せた」場合などは、早々に切り上げることも可能です。

1、浮気問題Q&A

まずは会社案内や実績紹介、緊張をほぐすための軽い世間話から始まります。そして、どのような浮気問題に悩まされており、現時点で浮気の可能性はあるのかなど、具体的な話し合いへと進んでいきます。無料相談の時と重複する内容もありますが、より詳しい情報が得られます。疑問があれば、すべて質問しておきましょう。

2、調査方針の提案

話し合いを通じて浮気調査できると判断されたら、どのように浮気調査を進めていくかの提案を受けます。予算や調査時間など、希望条件があればこの時に伝えておくと柔軟に調査方針を組み立ててもらえます。

3、見積もり金額の掲示

調査方針が決まったら、見積もり金額の掲示とその説明があります。探偵●名で1日■時間の浮気調査を▲日実施、それに伴う人件費が1人あたり★万円となります・・・といった感じです。

評判の探偵事務所なら必ず説明を受けますが、経費内訳や追加料金の有無、調査成功・失敗時の金額に一切触れないところもあります。この3つは金銭トラブルに繋がりやすい項目となりますので、忘れずに聞いておきましょう。

4、その他

探偵事務所にとって、対面相談はお客様が契約してくれるかどうかの重要なアピールの場となります。

探偵の数や拠点数に自信があれば、日本全国そして海外浮気調査も可能です!と案内を受けるでしょう。経験実績が多い探偵事務所なら、あなたの悩みと似ている過去案件を掲示して、これだけ早く浮気の証拠を押さえましたと説明するはずです。

この他にも撮影機材の紹介や調査報告書サンプルの閲覧、調査終了後のサポートについてなど、アピールできることを色々話してくるでしょう。

探偵事務所での対面相談は危険ではないのか?

対面相談って危なくないの?と思う原因は、どこでどんな人が対応してくれるのかを知らないからです。探偵事務所を訪問する機会は滅多にないので、知らないからこそ危ないと思い込んでしまいます。そこで、大手探偵事務所の総合探偵社MRの紹介動画を見てみましょう。

浮気調査・家出人探しは、美人社長の業界最大手の総合探偵社「MR」へ。年中無休、大晦日も、元旦も!

どうだったでしょう。普通だな・・・と思ったかもしれませんね。

対面相談=契約ではないため、見積書を受け取ったら「検討します」と言い残して、すぐに帰っても全然問題ありません。もちろん対面相談を通じて、すぐに契約したいと思えばそのままの流れで浮気調査に申し込むことも可能です。

近頃では探偵業法の施行により、探偵業界のグレーな部分は排除されつつあります。警察庁HPには違法処分を受けた探偵事務所が掲載されていますが、(全国)年間数件程度です。私たちが思っている以上に堅実な探偵事務所は増えているのです。

それでも探偵事務所は危ない!と思うなら、大手探偵事務所の中から対面相談先を選ぶと良いでしょう。業界最大手であれば、ご紹介した総合探偵社MRのように立派な事務所を構えていることが多いからです。

対面相談のデメリットと注意点

対面相談の注意点とデメリット

以下、依頼者にとってデメリットとなり得る点です。注意すべきこともあるので、対面相談に申し込む前に確認しておきましょう。

完全無料とは限らない

探偵事務所までの交通費は、自己負担です。

また、指定すればカラオケルームやレストラン、喫茶店、自宅などで対面相談を行ってくれる探偵事務所もあります。この場合、指定場所での利用料金が発生します。

訪問相談となるため、相談員の交通費を負担させられるかもしれません。ただし、指定場所との距離が近ければ無料、遠方や離島だと有料など、探偵事務所ごとでルールが違います。

飛び込み相談は断られがち

対面相談では、あなたが悩んでいる浮気問題の話を聞いて、担当者が具体的な調査方針を提案します。その調査方針から、どれくらいの日数がかかり、合計どれくらいの金額になるかの見積もり金額を計算してもらえます。

また、依頼内容と似ている過去案件の紹介、使用する調査機材の説明、調査報告書の見本例の掲示など、探偵事務所側も少なからず準備が必要となります。もしも、対面相談を担当するスタッフが探偵(現場調査員)だと、急に訪問しても不在の可能性があります。

特に人数が少ない中小探偵事務所では、飛び込み相談だと対応できるスタッフがおらず断られがちです。対面相談は予約制だと考えておきましょう。

依頼者も事前準備が必要

探偵の浮気調査は、ゼロから証拠を集めていくわけではありません。依頼者からの情報をもとに尾行・張り込み・聞き込み作業を行うのです。ターゲットに関する情報が一切なければ、調査方針は決められませんし、正確な見積もり金額も算出できません。

対面相談に申し込むなら、ある程度の情報はまとめておきましょう。対面相談の予約を入れる時に準備しておくべき情報を聞いておくと安心です。対面相談の流れで浮気調査に申し込む予定なら、当日必要な物も聞いておきましょう。

まとめ

対面相談では、あなたが契約前に知っておきたいことを色々見聞きできます。参考までに総合探偵社MRの紹介動画を掲載しましたが、お住まいの地域にも大手探偵事務所はあるはずです。有名な個人事務所も多いため、対面相談に行きやすいところをまずは探してみてください。

タイトルとURLをコピーしました