探偵に浮気相手の名前や生年月日、住所、勤務先、婚姻歴、家族構成は調べてもらえる?浮気相手と話し合う方法

探偵に浮気相手の名前や生年月日、住所、勤務先を調べてもらえるのか 浮気調査Q&A

パートナーが浮気を認めた場合、どのような人と浮気していたのか気になりますよね?探偵事務所では、浮気調査のほかに身元調査や素性調査などの個人情報を特定する調査も実施しています。

それを利用すれば、浮気相手の名前や生年月日、住所、勤務先、婚姻歴、家族構成などが分かるのです。

探偵の身元調査や素性調査で分かること

探偵の身元調査や素性調査で分かること

探偵の身元調査や素性調査に申し込むと、以下のような個人情報が分かります。

・名前
・生年月日
・住所
・勤務先
・過去の職歴
・生活習慣
・交友関係
・婚姻歴、離婚歴
・家族構成、子供の有無
・性格

調査項目は指定できるので、あなたが知りたい情報を集めてもらいましょう。全部知りたい場合、それなりの時間とお金がかかるため注意が必要です。

浮気相手の情報をどこまで調べてもらうべきか?については、次で説明するメリットから決めると良いでしょう。浮気相手の情報を知り、あなたは何をしたいのでしょうか。

ちなみに身元調査と素性調査は、呼び名が異なるだけで内容に大きな違いはありません。

身元調査や素性調査を利用するメリット

身元調査や素性調査を利用するメリット

探偵から浮気相手の個人情報を教えてもらえるため・・・

1、浮気相手と話し合いができる

住所や勤務先が分かれば、直接、浮気相手と話すことができます。どちらから誘ったのか、どれくらいの期間続いていたのか、今後どうしようと思っているのかなど、解決に向けて動き出せるでしょう。

2、浮気再発防止に繋がる

生活習慣や交友関係、婚姻歴を詳しく調べていくと、パートナーも被害者になるかもしれません。例えば、結婚を前提に浮気をしていたが既婚者だった、パートナーとは別に何人もの浮気相手がいた、宗教的な問題を抱えていたなど。

こうした隠し事が発覚すると、騙されていたのだとパートナーも落ち込み反省します。その結果、浮気再発防止に繋がるかもしれません。

3、接触禁止誓約書を発行できる

法的効力を有するペナルティ付き誓約書のことです。署名捺印後、浮気相手に連絡をしたら罰金〇万円、浮気相手に会ったら親権を渡すなど。浮気相手側にも、●●をしたら勤務先の上司に報告する、実家に連絡するといった罰を与えられます。

公正証書にすれば、裁判所も認めてくれる(受け取ってくれる)法的書類となるため、万が一の時に備えられます。

4、慰謝料を請求できる

慰謝料請求は、その通告を内容証明郵便で送らなくてはいけません。住所が分かっていると、その手続きを問題なく進められます。もしも浮気相手が慰謝料から逃れるため引越しをしても、探偵に依頼すれば実家住所まで調べてもらえるのです。

住所や勤務先が分かっていれば、浮気相手が慰謝料を拒否したり、支払いを滞納し続けても口座を差し押さえる手続きまで行えます。

5、将来に向けて決断しやすくなる

浮気相手のことを知る・知らないとでは結果が大きく変わってきます。知らなければ1回の過ちだと許してしまう人もいるでしょう。しかし、探偵から告げられた名前があなたの友人だったらどうしますか?職場不倫だった場合、パートナーは相手を変えてまた浮気をするかもしれません。

事実を知ることが必ずしも良いことではありませんが、発覚した浮気問題をどのように解決していくべきか・・・その考え方が少し変わるのではないでしょうか?

身元調査や素性調査は探偵を頼るべき

パートナーの浮気は、探偵に頼らなくてもある程度はご自身で調べられます。帰りが遅い曜日や時間帯をまとめたり、携帯電話の中身をチェックしたり、レシートからお金の流れを把握するなど。

その結果、本当に浮気をしているのか、何人と浮気しているのか、誰と浮気しているのかが分かるでしょう。もしも、パートナーに行動がばれても恋人・夫婦間の問題であるため、誰にも迷惑はかかりません。

しかし、浮気相手は他人です。知らない人間について調べようと思ったら、犯罪行為に手を染める可能性があります。例えば、プライバシーの侵害や不法侵入、脅迫罪、暴行罪などです。また、パートナーが浮気をしていなかった場合、謝罪だけでは済まなくなるでしょう。賠償問題にも発展するかもしれないので、素人の身元調査や素性調査はリスクが高いわけです。

浮気問題は、必ずしも浮気相手と話し合う必要はありません。ただし、どうしても相手のことを知りたい思うなら、身元調査や素性調査のプロである探偵に頼るべきだと言えます。まずはパートナーが本当に浮気をしているのか、それをハッキリさせてから行動するようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました